Python基礎

Pythonのsetterとgetterの使い方についてまとめました

setter,getterの設定方法1(Propertyを利用)

Private変数を使う場合には、カプセル化をする必要があります。カプセル化をする場合には、getterとsetterを定義して、関数を利用しないと変数にアクセスができないようにします。
pythonのsetter、getterには、2つの定義方法がありますが、一つは以下の方法です。

def get_変数名():

def set_変数名():

変数名 = Property(get_変数名, set_変数名)

[/box02]

getter,setter,(deleter)の設定方法2(@property,@var.setter,@var.deleter)

pythonにgetterとsetterを設定して、カプセル化する方法にはもう一つあります。また、deleterと呼ばれる、インスタンスから変数を削除する場合に呼び出される関数も定義できます。

  • getterの定義

@property

def 変数名(self):

  • setterの定義

@変数名.setter

def 変数名(self, value):

  • deleterの定義

@変数名.deleter

def 変数名(self):

↓↓Pythonについてもっと知りたい!というかたはこちら、Pythonの基本文法から標準ライブラリ、応用ライブラリまで収録!!

【2020年版】: Python 3.8 データ構造、文法、アルゴリズム、オブジェクト指向、ライブラリ、完全マスター講座