Django

DjangoのFormの各フィールドにクラス名を設定をする

DjangoでFormを使っているとクラス名を設定・追加が必要となります。クラス名の設定は、いろいろありますが、今回はwidgetを使ったクラス名の設定方法について記載しました。

widgetを使ったクラス名の設定方法

widgetを使ったクラス名の設定は結構簡単にできます。

forms.pyのModelFormのMetaクラスに以下のようにwidget = {‘field’: forms.TextInput等(attrs={‘class’: ‘class名’})}とするだけです

  • forms.py

これだけで、PostFormを画面上に表示した場合にtitleとtextのフィールドに対してそれぞれtextinputclassとeditableクラスが付与されるようになります。

各要素にクラスを設定して、cssやjavascriptで処理を記述することはよく使う方法であり、このやり方を是非、覚えておくようにしてください。