Django

Djangoのアプリケーション作成と各アプリケーションファイル概要について

Django入門講座

アプリケーション作成

Djangoのプロジェクト作成が完了したら、次にアプリケーションを作成していきます。アプリケーションはプロジェクトの下の単位で1つのプロジェクトに対して複数作成するのが一般的です。

アプリケーションを作成するには、以下のコマンドを実行します。

python manage.py startapp アプリケーション名

実行すると以下のようにアプリケーション名のディレクトリが作られて、中にファイルが作成されます。

アプリケーションが作成したら、プロジェクトを起動して、アプリケーションを読み込めるようにしましょう。

1.プロジェクト内のsettings.pyのINSTALLED_APP内にアプリケーション名を記載します。

2.アプリケーションのviews.pyにリクエストを受け取った際の挙動を定義します。

以下のように記載してください。

 

3.どのurlを選択すれば、アプリケーションにアクセスするかURLマッピングします。

プロジェクトのurls.pyに記載します。

記載したらDjangoプロジェクトを立ち上げます。

python manage.py runserver

立ち上げたら、http://127.0.0.1:8000/firstapp

でアクセスします。以下のようなページが表示されます。

各ファイルの意味について

アプリケーションを作成すると以下のフォルダ・ファイルが作成されます。

admin.py
  • Djangoの管理画面を表示します。管理画面では、データモデルの中を見たりデータを格納することができます。
apps.py
  • 各アプリケーション特定の設定や処理をまとめています。
__init__.py
  • このファイルを配置することで、配置したディレクトリがパッケージとして扱われるようになります。
  • 基本、中には何も記載しないです
models.py
  • データモデルを記載します。MVCのモデルです。
tests.py
  • Unitテストなどをするときのテストコードを記載します。
views.py
  • リクエストを受け取ってレスポンスを返します。
  • MVCのコントローラのような立ち位置です。
migrations
  • モデルの情報を格納します。
  • 初めの実行でmodel.py全体の内容が出力され、次回からはmodel.pyの変更分が別ファイルとして出力されます。