Python基礎

Django2系でアプリケーション毎にURLマッピングする

Django入門講座

アプリケーション毎にURLマッピングする方法

前回の記事でDjangoプロジェクトのURLマッピングについて説明しました。

この記事では、アプリケーション毎にURLマッピングする方法を記載します。

 

Djangoでは、プロジェクト全体のurls.pyで各アプリケーションのurls.pyにマッピングして、各アプリケーションのurls.pyで詳細をマッピングすることが一般的です。

 

プロジェクトのurls.pyには、includeメソッドを利用して、アプリケーションのurls.pyと紐づけます。

  • firstproject/urls.py

次に、firstappアプリケーションにurls.pyを作成し、以下のように記載します。

  • firstapp/urls.py

 

以上で、/firstapp/helloにアクセスするとfirstappのviews.pyのindex関数が呼び出されます。

  • firstapp/views.py

Djangoの実行(python manage.py runserver)して、”http://127.0.0.1:8000/firstapp/hello”にアクセスすると以下のように表示されます。