Python基礎

PythonのIDE(統合開発環境)PyCharmのインストール手順(Windows編)

この記事では、WindowsのPCにPyCharmをインストールして、実際に動くことを確認するまでの手順を紹介します。

PyCharmのインストール

まず、PyCharmのインストーラを公式サイトからダウンロードします。

以下のリンクをクリックして、公式サイトのダウンロード先に移動してください。
Pycharmインストーラダウンロード先


上の画面で、ProfessionalとCommunityありますが、このうち無料のCommunityを利用します。ダウンロードリンクをクリックすると、自動的にインストーラのダウンロードが開始されます。

インストーラを実行します。画面が表示されたら、「Next」をクリックしてください

右下の「Next」ボタンを2回クリックすると下の画面が表示されます。

それぞれチェックをつけてNextをクリックしましょう

Create Desktop Shortcut クリックするとデスクトップにショートカットが作成されます。
Update PATH variable 環境変数のPATHにPyCharmのPATHが追加されます。
Update context menu コンテキストメニューに追加されます。フォルダ上で右クリックを押した時、”Open Folder As PyCharm Project”という文字が表れるようになります。
Create Associations ファイルの関連付けに追加されます。仮に.javaにチェックを入れた状態でPyCharmをインストールした場合、フォルダー上の.java拡張子のファイルはPyCharmのファイルとして認識されるようになります。
Download and install JRE x86 by JetBrains 32bit環境用にJavaのインストールを行います。32bit環境の場合は、チェックを入れてください。64bitでは自動的にインストールされるので、チェックを入れる必要がないです。

次にスタートメニューのフォルダを設定します。デフォルトのJetBrainsのままでいいです。

Installをクリックすればインストールが開始されます。

PyCharmの立ち上げ

PyCharmを立ち上げると以下の画面が表示されます。上の「Custom location. Config folder or installation home of the previous version」を選択すると、すでにPyCharmを設定ファイルがある場合や、以前のバージョンの設定がある場合などにそれを読み込むことができます。

初めてインストールする場合は、「Do not import settings」を選択します。

次は、PyCharmのUIを設定できます。DarculaとLightから選択できます。

左下の「Skip Remaining and Set Defaults」を選択すると、画面遷移します。


以下の画面が表示されると、右下の「Configure」「Plugins」を選択します。

PyCharmでHello Worldを表示する。

PyCharmを立ち上げなおし、初期画面でCreate Projectを選択します。
 
 
Project nameを記入して、Finishを選択します。
(Project locationに記載されたフォルダにプロジェクトが作成されます。)
画面が表示されます。

上記画面で、SampleProject上で右クリック→New→Python Fileを選択します。
作成するファイル名を入力して、OKを押すとファイルが作成されます。

画面上のエディタにprint(‘Hello world’)と入力してファイル上を右クリックし、Run ”ファイル名”を選択すると、画面下に、Hello Worldが出力されることがわかります。

これで、作成したファイルをpythonで実行した結果が表示されました。

以上、PyCharmをインストールして実行するまでの手順でした!!

↓↓Pythonについてもっと知りたい!というかたはこちら、Pythonの基本文法から標準ライブラリ、応用ライブラリまで収録!!

【2020年版】: Python 3.8 データ構造、文法、アルゴリズム、オブジェクト指向、ライブラリ、完全マスター講座